最遊記外伝

花宴 - KOKIA.mp3
MP3 オーディオファイル 2.7 MB

そんな時、悟空と哪は再び出会う。しかし哪の父、李燈天は哪に悟空を殺すよう命じる。悟空を襲う哪を捲簾が制止し、根源である李燈天を天篷が手に掛けようとするが哪に止められてしまう。哪は捲簾と天篷を振り払い、悟空を狙う。しかし悟空は哪に笑顔で声をかける。そして哪は…。

<あらすじ>

観世音菩薩の甥、金蝉は天界に保護された金眼をもつ異端児を預かることになった。

天界で過ごす中で『(闘神)哪』に出会った金眼の少年は名を名乗るため、金蝉に懇願し『悟空』と名付けられる。

 

悟空は続けざまに出陣する哪に会えぬまま時は流れ、金蝉の古くからの友人天篷、大将捲簾に出会い多くの時を共にするようになる。

瀕死の哪の姿にショックを受けた悟空は、禁固によって封印されていた「斉天大聖」の力を解放し、圧倒的な力によって、その場にいた者を惨殺してしまう。本能のままに殺戮する「斉天大聖」を観世音菩薩が始末しようとしたところを、金蝉が止める。

 

だが、悟空をかばったことによって、天界を敵に回すことになった金蝉童子、天蓬、捲簾。 西海竜王の敖潤を人質に、下界への逃亡をはかろうとするが―――!?

 

 

DVD

 

特別編 香花(こうげ)の章

 

 

第壱巻 桜雲(おううん)の章

 

 

第弐巻 散華(さんげ)の章

 

 

第参巻 萌芽(ほうが)の章

キャラクター紹介

孫悟空 (斉天大聖)

東勝神州傲来国にある花果山山頂の仙岩卵から生まれた。大地が生んだ生命体で、妖怪とも人間ともつかぬ異端の存在。凶事の象徴とされる金晴眼を持つ為、下界から天界へと連れて来られた。天界は殺生事が御法度な為処分を免れ、金蝉童子の元に預けられる。天界に連れてこられた際にひとつ20Kgほどもある枷を両手足につけられたが、本人には邪魔だ位の認識しかなく驚くほど身軽。

金蝉童子

観世音菩薩の甥。長く細い金糸の髪に、睫毛の長い垂れ目。

天界人としての地位は高いが、その仕事は主に書類に目を通す事ばかりで、退屈に心を病んでいた。典型的なおぼっちゃまで苦労知らず、内弁慶で態度も大きいが体力も根気もない。世間知らずなだけに根は純粋。なのに言葉遣いが悪いのは観世音菩薩の影響とされる。悟空と出会い、天蓬や捲簾からも影響を受けて、大切な物を守るべく今迄の自分を打破し、強大な力に立ち向かう決意を抱く。

悟空のことを非常に大切に思っており、「太陽」は悟空のほうだと述べた。

KOKIA 私の太陽.mp3
MP3 オーディオファイル 4.6 MB

天蓬

天界西方軍元帥。階級は捲簾より上だが、軍を率いるときは副官を務めている。

読書マニアで、自分の書庫を持ち、学書から俗書まで揃えている。飄々とした掴み所のない性格で、常にマイペース。自分の事にすら全く構う気がなく、ヨレヨレの白衣(フケが落ちても目立たないように着ている)とフケまみれの髪で端正な顔立ちも台無し。更には便所サンダルを常に履いている。果てには上官に会う際は、ネクタイさえしておけば問題ないと思っている。変人として有名だが、戦場に立った時の冷静沈着な洞察力と戦闘能力は別人のようで、上司である竜王には優秀な軍人として一目置かれている。捲簾が解任されそうになった時は、抗議し相手を殴り倒したこともある直情派でもある。

捲簾

天界西方軍大将。酒と花と女を愛でる無頼者。名うての武将で、元は東方軍の大将だったが、上官の妻を寝取った事で西方軍に左遷され、天蓬元帥の部下となる。風来坊で大胆、男気溢れる性格な割に、世話焼きで常識的な面も。見かけによらず高所恐怖症であり、木登りも下りられる範囲でなければ登れない。特に子供や部下にとっては良き兄貴的存在だが、上層部からは煙たがられている。天蓬の夫役と黙認されるほど、戦場に立つ際は勿論、プライベートでも親友として行動を共にすることが多い。

 天界で唯一殺生が許される闘神太子「哪太子」。李塔天の息子で500年前の悟空の友達。
生来はやんちゃで明るい性格で、眠りこけていた天帝の顔に落書きするなど子どもらしい一面を持っており、悟空ともすぐに仲良くなった。しかし、父・李塔天に対して、恐怖に似た忠誠心を持って従っている。生まれは母の腹からではなく、李塔天により「造成」されたもの。彼が天界において実権を握るために創り出された。
地上で牛魔王が暴走した際には、討伐しその一族を天竺国・吠登城に封印した。

敖潤

西海竜王の名を持つ捲簾・天蓬の上官。はっきりとした明記はされていないが、ジープ(白竜)の前世の姿。天界には人間と見た目が変わらない者が多い中、人型ながらも白い鱗の肌、角など普通の天界人とはかけ離れた容姿を持つ。闘神一族出のエリート軍人。敖広、敖欽、敖順らとともに竜王四兄弟と呼ばれている。
李塔天
哪吁の父親。ドレッドヘアと髭面がトレードマーク。天界での地位はさほど高くはなかったが、息子の哪吁が闘神太子になったのを機にその立場を利用し、のし上がっていった人物。その真の目的は天帝の座を奪い取り、天界を支配することにあった。
李塔天の仲間である抄雨、賀孟が金禅らの下界逃亡を阻む。

観世音菩薩

三蔵一行に牛魔王蘇生実験の阻止を命じた神。天界を司る五大菩薩の一柱で、慈愛と慈悲の象徴。両性具有。化身は鶴。言葉遣いが悪く、周りを気にせず言いたいことを言う唯我独尊的性格。

 

二郎神
観世音菩薩に付き従う神で、主人に振り回され気味の苦労人。豊かな髭が特徴。

 

桜の樹の下

   KOKIA 

 

空に桜の花びらが はらりはらりと舞い散って

幾千もの時を眺めて行った

光輝くこの場所で いつかまた夢を語ろう 桜の下

 

夢の続きは君に託そう 太陽みたいな笑顔に

眩しい光に包まれた先に 見つけた友の絆

 

生まれかわれたとしたなら 来世また君を探そう

語り尽くせぬ想いを伝えよう

君が覚えていなくても きっと 巡り逢えるだろう 桜の下

 

未来永劫 続いてゆくだろう 散っては咲き誇る桜

太陽みたいに笑うあの人を 思い出させてほしい

 

散り際に燃えた 美しさを 忘れない 忘れない・・・

 

夢の続きは君に託そう 太陽みたいな笑顔に

眩しい光に包まれた先に 見つけた友の絆

 

桜の樹の下 ~OVA ver.
Saiyuki_Gaiden_OVA_-_OP.mp3
MP3 オーディオファイル 1.0 MB

 

光の方へ

   KOKIA

 

ここに居る訳など 誰も知らない ただ精一杯に 誰かの為に

輝いていたいと 望んだ時から 心は波打った

 

信じている この空は 君の元に つながっていることを

信じている 光の方へ

 

目を閉じて思い出す 懐かしいあの声 色あせない 記憶の欠片

1つずつ 大事に 握りしめたら 胸の奥に広がる

 

君の声 この空に響く 果てしのない 寂しさの中でさえも 息づいている

 

信じている この空は 君の元に つながっていることを 信じてる

君の声 この空に 響く 果てしのない 寂しさの中でさえも 光り続けている

 

光の方へ ~OVA ver.
Saiyuki_Gaiden_OVA_-_ED.mp3
MP3 オーディオファイル 1.4 MB

とてもとても素晴らしい作品です。

外伝を読んでますます峰倉かずや先生に惚れ込んでしまいました。

 

感動、深い悲しみ、人と人との深い愛情と繋がりを感じます。